--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/97-90b9c621

2009
12/18

コメント(0)

Innovation of transportation

【今日の一言】

昨日書いた、アップルストアの修理対応が早い!ということ
に関して補足情報です。
最近、パソコンの修理が早くなったのは実は、メーカーの努力に
よるというよりは配送業者の努力によるものなんですね。

最近、配送業者はメーカーから回収した要修理の家電製品を
メーカーの修理工場に配送するのではなく、自社の集積センター
に併設された修理工場で治してしまい、メーカーに送り返す
というオペレーションを行っています。
これにより、集積センター→メーカー→集積センターの手間が
省け、日にちにして少なくとも二日は稼ぐことができるように
なりました。

メーカーの修理対応に対して最も要望の多かった短期間で終わる
ということ実現したのは配送業者の知恵だったわけですね。
ちなみに、これを一番初めに導入したのはUPSだと言われています。
The world is Flatのトーマスフリードマンの言葉を借りれば、
こういう動きをインソーシングと言うようです。
メーカーからすれば修理業務をアウトソースしているわけですが、
配送業者からすればインソースしていると言うことになります。
こうしたサービスの向上もあり、UPSは毎日世界の全GDPの
10%程度を運んでいると言われています。

これからの社会においてはTransportationがコストの面からも
環境対策の免からも非常に重要になってくると言われている中、
こうした革命的なアイデアが出てくるところがアメリカの強み
なのかもしれませんね。
配送業というと既に相当な成熟産業であって、簡単にはビジネス
モデルをアップグレードしにくい業界だと思われがちですが、
まだまだ金脈は眠っているということですかね。

多分、この内容自体は既に古くさい話なので、知っている人も
多いと思いますが、今回その恩恵にあずかって、あらためて
サービス業におけるイノベーションの効用を感じたのでご紹介
しました。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/97-90b9c621







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。