--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/44-ed92723c

2009
09/18

コメント(0)

Will Web-Businesses cause next economic crisis ?

【今日の一言その2】

HBRとかBusiness schoolの授業とか
見ててよく出てくるLong tailとか、
ユーザー参加型のコンテンツとかの議論
見ていてWebビジネス万世!みたいな
空気を感じます。

Webビジネスって色々な線引きがあると
思うけれど、ざっくり言って2つの潮流が
あって、一つは、既存のリアルなビジネスの
Transaction Costを引き下げるタイプの
ビジネスで、もう一つはWeb 2.0的な
Web空間完結型のビジネスだと思います。
ここで、考えるのは、前者は、乱暴に言えば
コスト下がって良かったねって話で終わる
けれど、後者はちょっと様子が違うのでは
と思います。

つまり、金融が虚業と言われる文脈でいう
金融と金融の間でお金が行き来している
だけで新しいお金が生まれてくるのは変だ
というのと同じ事がWebビジネスでも
当てはまって、WebとWebの間で情報が
行き来するだけで本当に価値が生まれて
いるのかという事です。

情報というのは人が興味を失った瞬間に
価値が失われる類いの財なので、今まで
価値があると思われてきた情報を扱う
Webビジネスが作り出したお金が金融に
流れて金融の中で増幅されてまたWeb
ビジネスに還流するという妙な増幅構造が
出来ているんだとしたら、その情報の
価値が失われたとたんに崩れてしまう
のではないかという気がします。

今は、ベンチャー企業みたいな個々の
影響が小さい世界での出来事ですが、
Webコングロマリット的(既にGoogleとか
その様相を呈していますが)がたくさん
生まれてきて、それが崩れ去ったとしたら
金融危機ならぬ、Web危機が起きるんじゃ
ないかと言う気さえします。

かつてのITバブルは2つの潮流の前者、
あるいはその前段階で起きたものですが、
Post Sub-PrimeのEconomic Crisisは
こういう構造的な弱さから生まれるのでは
ないかと、米MBAでの議論を見ていて
感じます。

もちろん、直感的な議論なので、実は
きちんと暴走を食い止める構造があるとか
そもそも、前提が変とかあるかもしれませんが。
どうなんでしょうか。誰か詳しい人がいたら
教えて下さい。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/44-ed92723c







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。