--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/40-93224dd1

2009
09/14

コメント(0)

Why this school? ~志望動機~

【今日の一言】

先日より苦しんでいるエッセー課題向けの
宿題なのですが、ひとまず、Long term goalを
作成し終えたので、次は各大学の志望動機です。
これがまた難しいですね。

実際問題、カリキュラムはどこも魅力的なものを
そろえているし、教授だって名前を聞いたことが
あるようなFacultyが何人かはいます。
ランキングやカリキュラムと言った誰の目にも
明らかな要素のほかに、もう少し突っ込んだ、
自分だけの志望動機みたいなものがないと高倍率
の中で、目を引く書類にはなりません。
就職活動でも言われることですが、オリジナリティ
のある志望動機でなければ説得力は弱いですが、
オリジナリティを出そうとしすぎて無理な論理
展開をしても逆に説得力が下がります。
自然にスッと腑に落ちるようなエッセーになって
いないとダメですね。

自分は、こういう志望動機的な文章を作るのは
得意で、就活でも添削で大きく修正されたこと
がないのがそれを証明してくれていると思って
いますが、今回に限っては、相当積極的に各大学
との繋がりを作りに行かないと、自分のこれまでの
人生からだけでは、それぞれの大学に対する固有の
志望動機を組み立てるのは難しいと思います。
そういう意味で、学校関係者と繋がりを作ったり、
説明会に出席したり、大学を訪れたりするのが
非常に重要になると思います。
ラッキーなことに、第一志望の大学には会社の
先輩が留学しているので、戻ってくるまでに
現地を一度訪れたいと思います。
おそらく、Essayを書いている頃にこちらに
戻ってくるので、そこでも相談してみようかと
思います。

今の時点の宿題で書ける志望動機はとても表面的な
ものになってしまっていますが、今後、オリジナルな
中身を入れていき、自分だけの志望動機にして
いきたいですね。
勉強だけでは合格できないところがMBAの品質を
保っているんだと思って、自分もそのクオリティに
達するように負けじと頑張ります。

最近、等身大過ぎるショボイ独り言が多くてスミマセン。。

【やったこと】
・ Research News 速読
・ 単語勉強
・ 耳読書
・ シャドーイング
・ Model Essay 音読
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/40-93224dd1







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。