--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/321-000c5920

2012
10/02

コメント(0)

MBA生活のスタート

遂にFall semesterがスタートしました。Stanfordでは、1年生は全員必修のみを取ることになるので特に選択すること無く割り当てられた授業を受けます。今受けているのは、
Fiancial Accounting
Organizational Behavior
Strategic Leadership
Global Context of Management
Critical Analytical Thinking
Leadership Lab
+Communication seminar (optional)
という感じです。Stanfordの1学期目に特徴的なのは、Quantitative系の授業が1つだけでStrategyとLeadershipに特化していることと、Critical Analytical Thinkingという純粋にロジック組立を学びましょうという授業があることです。また、Optionalの授業としてCommunication Seminarというネイティブも参加する英語コミュニケーションのセミナーがあるのもおそらくStanfordだけだと思います。

Quantitative系の授業のほうが得意な日本人にとっては、英語になれないうちからいきなりStrategyとLeadershipというのはハードルが高くて、Reading Assignmentに忙殺され、授業での議論は時に抽象的で途中で脱落したりと辛い日々が続いています。ただ、はじめにStrategyを俯瞰することで、各コンポーネントが最終的にStrategyとしてどのようにIntegrateされるのかが見えている分、今後個別分野の授業を受けるときに一段高いところに視点を置くことができそうです。役所で働いてきた身からすると、内容も新鮮で、へー。ほー。と思うことも多いです。

授業の選択に頭を悩ませることがない分だけ大分楽なものの、周りが人生の転換点としてこの2年を使う意気込みが強く、自分も単純に役所に帰るから少なくとも就職については何も考える必要はないというだらけた思考回路でいてはいけないなと思わされることが多いです。MBA受験を通じて散々考えたことではあるものの、自分がどういう人間で、死ぬまでに社会にどういうインパクトを残したくて、それを可能とするポジションや役割は何で、そのポジションを得るために必要なもの(今の自分に足りないもの)は何で、それをどこでどう学ぶべきなのかということを常に点検する必要が有るなと改めて思わされています。逆に言えば、MBA受験でこれをしっかり考えてこれたからこそ、忙しい中でも点検の拠り所ができているわけですし、同級生に対して、今の自分が考えていることを堂々と伝えられるのだと思います。特に、Stanfordにいるとなにか新しいことを始めないといけないような突き上げられるような感覚を常に受けることになるので、自分の軸がしっかりしていないと、焦りばかりが大きくなって自分を見失いかねません。ブレない軸に拠って道を取捨選択していくことは簡単ではないですが、入学後に特に求められることだと思います。

そうカッコイイことを言っていても、まだまだひよっこで、最近お会いするAlumniを含め、人生の先輩達の圧倒的なオーラやパワー、カリスマ性などに憧れるとともに、自分もそうなれるように頑張らなければと思いを新たにするところです。こちらでは視界に入るくらいの年齢の先輩達が次の世代に惜しみなくアドバイスをくれたり、人とつなげてくれたりするので、感動するような出会いが沢山あります。そういう文化というか、空気感みたいなものが安心してチャレンジできるエコシステムを作り上げているのかもしれません。

まだまだ始まったばかりのMBA生活ですが、既に来てよかったなぁと思うことがたくさんあります。これを見ている方の半分くらいは受験生の方だと思いますが、MBA受験で苦労して深く人生を考えれば考えるほど入学後に得られるものも大きくなると思うので頑張ってください!

つきなみですが、先日実施したJapan Nightの様子で今日のポストの締めとしたいと思います。
Japan Night
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/321-000c5920







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。