--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆーた

分かりにくい解説かと思いますが、参考になれば幸いです。
聞きながら基本の文章構文とそれをつなぐ論理マーカーを
意識していると思います。
大体は主語と動詞がどうなっているか理解出来れば読みでも
聴きでも急激に理解度が高まると思います。
自分もまだ訓練中ですが、目標の点数が出るまで頑張りましょう!

11

23

20:30

さるとも

ご丁寧な解説ありがとうございます。
解説を拝見して、文章構文(SVO)を意識して聞かれているのだなと感じました。ゆーたさんの場合、それを無意識に近い形で実践できているのでしょうね。そこが当方と違うところなのかなと思います。
ただ、常に文章を100%理解できているわけではないようで安心しました(笑)当方、その領域には到底辿りつけない気がしますので…

アドバイスいただいた練習方法を実践すると同時に、上記の点を意識して頑張ってみようと思います。
返信ありがとうございました!

11

23

01:15

ゆーた

コメントありがとうございます!

最近は、リスニングを聞くときにメモを取らずに理解することに徹しています。
ほんとうに簡単なメモだけ残してあとはひたすら聞くことに集中しています。
大抵、次にどんな文章が来るか期待しながら聞いているので、複雑な文章でも
求めている情報だけを聞きとって理解していく感じです。
ただ、頂いた例文のような文章の場合、

Separation and clarification help/ to standardize and preserve milk / so that/ the daily industry / can market / consistent and long-lasting products.

と聞くのが理想的だと思います。要するに英語の意味ブロックごとに聞いていく
ということです。

ただ、自分の場合、おそらく、XXは助ける(何を?)→XXを(何のために?)→XXがXXするために。
といった具合に前から必要な情報をとりながら聞いています。
なので、SeparationとClarificationが主語でhelp toときたら次は何を助けるかに決まってるので
standardize and preserve milkまでは構文把握には苦労しません。
問題はso thatで、さらに~の為にと続いてしまうので、前部分はさらに何かの手段なんだと
瞬時に理解する必要があります。おそらく、この文章が聞き取れなくなる瞬間はso thatが
出てきた瞬間だと思います。そこを乗り切ればAがBをCするという単なる文章が続くだけです。
ということで、S V Oという文章とS’ V’ O’という文章がso thatで繋がっていると
いう構文だとso thatが出てきた瞬間に期待することができれば勝ちという感じでしょうか。

多分そうやって聞いていますが、それぞれの文章が完全に理解できなくても文意が
とれればいいという気楽な感じで聞いているのもいいのかもしれません。
あと、ディクテーションで音を取る練習をして、精読→速読で音を意味に変換する
練習をするといいと思います。
多分複雑な構文が聞き取れなくなるのは後者(聞き取り能力ではなく)の方を
重点的に訓練されると良いかと思います。
・・・と言いながら自分も訓練途上ですが…。。。

11

23

00:11

さるとも

突然失礼します。
当方も同日にTOEFL受けたのですが、ゆーたさんのようにリスニングが簡単と思えませんでした(笑)
そこで質問なのですが、リスニングの際にどんなことに気をつけてらっしゃるのでしょうか。(当方の場合、文章の構造が複雑になると、どこで句や節が切れているのかが見えなくなってきてしまいます)
抽象的な質問なので、以下に例文を載せてみます。ゆーたさんなら、これをどのように聞かれるのでしょうか?
ご回答いただけますと幸いです。

Separation and clarification help to standardize and preserve milk so that the daily industry can market consistent and long-lasting products.

11

21

21:47

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/264-8bc194c6

2010
11/17

コメント(4)

Hopefully get over 100

Last weekend, I took TOEFL. I think I did well but one of the reading passages and one of the speaking tasks. The first reading passage was relatively difficult in terms of its logic and words. I took too long time to understand the meaning of the passage to finish within 20 minutes, so in the latter part, I could not use enough time to read and answer the questions. In addition, in the fifth task of the speaking section, I have time management problem. Its contents and listening are not very difficult for me but, I could not finish perfectly within 60 seconds. If there had been enough time, I could have finished and got 3.0. However, other parts of the test were OK. The other 2 passages of the reading section were easy enough for me to complete within deadline. I feel the listening section was also easy because I practiced dictation very hard in these days. And of course, in the speaking section, I feel my skill improved thanks to the classes of the TOEFL speaking school and I expect its score will surpass 20 for the first time. In the writing section, I wrote 277 words for integrated task, and 480 words for independent task, which I think is enough amounts to get over 25 and I expect its score will reach 27 or 28. As the above thought, I expect total score between 95 and 105. If the score excess 100, I will start to prepare for GMAT.

ゆーた

分かりにくい解説かと思いますが、参考になれば幸いです。
聞きながら基本の文章構文とそれをつなぐ論理マーカーを
意識していると思います。
大体は主語と動詞がどうなっているか理解出来れば読みでも
聴きでも急激に理解度が高まると思います。
自分もまだ訓練中ですが、目標の点数が出るまで頑張りましょう!

11

23

20:30

さるとも

ご丁寧な解説ありがとうございます。
解説を拝見して、文章構文(SVO)を意識して聞かれているのだなと感じました。ゆーたさんの場合、それを無意識に近い形で実践できているのでしょうね。そこが当方と違うところなのかなと思います。
ただ、常に文章を100%理解できているわけではないようで安心しました(笑)当方、その領域には到底辿りつけない気がしますので…

アドバイスいただいた練習方法を実践すると同時に、上記の点を意識して頑張ってみようと思います。
返信ありがとうございました!

11

23

01:15

ゆーた

コメントありがとうございます!

最近は、リスニングを聞くときにメモを取らずに理解することに徹しています。
ほんとうに簡単なメモだけ残してあとはひたすら聞くことに集中しています。
大抵、次にどんな文章が来るか期待しながら聞いているので、複雑な文章でも
求めている情報だけを聞きとって理解していく感じです。
ただ、頂いた例文のような文章の場合、

Separation and clarification help/ to standardize and preserve milk / so that/ the daily industry / can market / consistent and long-lasting products.

と聞くのが理想的だと思います。要するに英語の意味ブロックごとに聞いていく
ということです。

ただ、自分の場合、おそらく、XXは助ける(何を?)→XXを(何のために?)→XXがXXするために。
といった具合に前から必要な情報をとりながら聞いています。
なので、SeparationとClarificationが主語でhelp toときたら次は何を助けるかに決まってるので
standardize and preserve milkまでは構文把握には苦労しません。
問題はso thatで、さらに~の為にと続いてしまうので、前部分はさらに何かの手段なんだと
瞬時に理解する必要があります。おそらく、この文章が聞き取れなくなる瞬間はso thatが
出てきた瞬間だと思います。そこを乗り切ればAがBをCするという単なる文章が続くだけです。
ということで、S V Oという文章とS’ V’ O’という文章がso thatで繋がっていると
いう構文だとso thatが出てきた瞬間に期待することができれば勝ちという感じでしょうか。

多分そうやって聞いていますが、それぞれの文章が完全に理解できなくても文意が
とれればいいという気楽な感じで聞いているのもいいのかもしれません。
あと、ディクテーションで音を取る練習をして、精読→速読で音を意味に変換する
練習をするといいと思います。
多分複雑な構文が聞き取れなくなるのは後者(聞き取り能力ではなく)の方を
重点的に訓練されると良いかと思います。
・・・と言いながら自分も訓練途上ですが…。。。

11

23

00:11

さるとも

突然失礼します。
当方も同日にTOEFL受けたのですが、ゆーたさんのようにリスニングが簡単と思えませんでした(笑)
そこで質問なのですが、リスニングの際にどんなことに気をつけてらっしゃるのでしょうか。(当方の場合、文章の構造が複雑になると、どこで句や節が切れているのかが見えなくなってきてしまいます)
抽象的な質問なので、以下に例文を載せてみます。ゆーたさんなら、これをどのように聞かれるのでしょうか?
ご回答いただけますと幸いです。

Separation and clarification help to standardize and preserve milk so that the daily industry can market consistent and long-lasting products.

11

21

21:47

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/264-8bc194c6







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。