--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆーた

テキストという意味では、Official Guideを終えてしまって
いる場合には、Deltaあたりでしょうか。Barron'sもありですが、
Readingだけ分冊で買える分、DeltaのほうがCPはいいかもです。
まぁ自分もそのあたりで行ったり来たりなので、実証済みの
オススメというわけではないのですが…。

10

12

23:41

ひーらぎ

リーディングを26、27→29、30にしたいのですが
、最適なテキストはなんだと思いますか??

10

10

19:32

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/255-6b717f09

2010
10/03

コメント(2)

色々報告

【今日の一言】

ここのところ、仕事が忙しくてぜんぜん日記が更新
出来ていませんでした・・・・。
ここひと月で色々なことがありました。

まずは、Campus Visitに行ってきました。
2月に行ったときには30年ぶりのMajor Stormで
休校になっていて見られなかった大学を中心に
見学してきました。

ColumbiaではDebt Marketsの授業を見てきました。
この授業は講義形式のものでしたが、発言の量と質が
やはり高いと思いました。Columbia、NYU、Wharton
と見てきましたが、学年の差はあるかもしれませんが、
Columbiaの授業での発言が最も質が高いと思いました。
例えば、日米独の長期金利の数字を見ながら各国の
経済が置かれている状況に絡めた説明をしていました。
実は他の大学でもDebtに関する授業に出たのですが、
そちらでは通常のゼロクーポン債のプライシング的な
基本をさらって終わりました。この差はやはり金融
の中心であるNYから人が集まっていることに起因する
のかもしれません。

NYUではFinanceの授業を見てきました。1年生の授業
のなかで最も人気のある授業ということで凄まじかったです。
教授の資質によるところが大きいと思いますが、テンポが
良く、数人に発言を求めたあと、大事なところをなんども
強調するので、必要な知識がしっかりと入ってきます。
内容自体は基礎なのでたいした話ではないものの、定義や
コンセプトを正しく説明しようとすると難しいということを
実感させられました。また、NYUでは日本人在校生の方とも
お話させていただいたのですが、非常にフランクに話して
くださるとともに、一般的な説明ではなく、出来る限り
付加価値をつけた話をしてくれようとしてくれていて
大変参考になりました。NYUはイメージが湧きにくい大学
だったのですが、今回のVisitでだいぶ雰囲気がつかめました。

最後にWhartonに行きました。WhartonではAllenのFinance
を見ることが出来、非常に有意義な時間になりました。
Allenの授業は穏やかながら、展開は早く、具体的な数字で
説明されるので、非常に実践的でした。他の大学の授業では
コンセプトを説明して、練習問題的なものを解かせて…という
感じですが、こちらでは、始めから具体的な事例で説明が
進むので両方が同時に行われている感じです。その分展開も
非常に早いのでついていくのが大変でしたが、Whartonの
学生は事もなげに授業を受けていたのでポテンシャルの高さを
感じました。Whartonではもう一つ、International Finance
の授業にも出ましたが、こちらは国際的な資金の動きが各種
マーケットにどのような影響を与えるかという少々マニアックな
テーマの授業でした。こちらは知識不足でコンセプトを掴み
切れませんでした…。

全体を通じて、完全に予定通り進めたのでよかったです。
これをエッセーにうまく盛りこんでいかないとですね。

第2に、久々にTOEFLの最高点を更新しました。
これまで96点を超えられずに半年近く苦しんでいましたが、
9月のテストで98点になりました!たった2点ですが、100点に
だいぶ近づいてきた気がします。ここからの2点は更に苦しい
ものになると思いますが、Speaking対策の個人塾に通うことに
したので、ここで飛躍できれば一気に100点を超えられると
思います。なにせ、Spは18点とかなので…。その塾では大体
20点弱くらいで入ってきた人が10週程度で24点近くまで上がる
みたいなので、期待大です!あと6点上乗せできれば、104点で
ChicagoのRequisitを超えます。そうなればHBS以外はまったく
問題なくなるのでかなり大きいですね。

ということで、まだまだMBAへの道程は遠いですが、一歩一歩
近づいていこうと思います。最後は忍耐との勝負になると言われる
受験だけに弱音は吐けません。

Recently, I could not find enough time to write an article of this blog because I've been very busy in my work. Actually, there were a lot of things to write on the dairy in a month.

First, I visited some MBA programs where I could not visit in this February due to the major storm which was the biggest since 1970's.

In columbia business school, I attended the debt markets' class, which was held in a lecture form. In this class, I was impressed that many students actively participated the class by expressing their insightful opinions. I thought opinions in this class was the highest level among the other universities' classes which I visited such as wharton, NYU although, of course, I should consider the difference of the grade. For example, one of the students explained about difference of long term interest rate between Japan, the US, and German by relating them to the difference of their economic and policy conditions. In fact, in the other university's classes, they discuss the fundamental way of pricing of the zero coupon debts and so on. This anecdote shows that students from NY, which is the greatest financial center, contributes a lot to improve the financial classes.

In NYU, I attended the class of fundamental finance, which is the most popular class in the first grade. I was shocked by that class. Although the professor's explanation was up-tempo, I could understand the important concepts because he operated his class very well. For instance, he ask some students to answer his question about fundamental concepts of what he intended to explain, and then, he correct the error and continuously stress right answer. This method enables me to memorize the important concept easily. This class make me realize that even a fundamental concepts are surprisingly difficult to rightly explained. After the class, I met some current Japanese students to talk about NYU and how to succeed the application process. I was profoundly impressed the attitude of them to help me. They tried to show specific and detailed explanation, which was useful to write essays. Though I feel troublesome to imagine the real character of NYU, this visit makes it clear.

Then, I went to Wharton. In Wharton, fortunately, I could attend the very famous professor Allen's financial class. Allen told very calmly but his class was very speedy. He teach concepts by deploying real numbers so it was very pragmatic. In other universities, teachers explain the fundamental concepts firstly, and then they provide the practice problem sets. On the other hand, in Allen's class, these processes are held at once so, I feel it was very speedy. Of course it makes it difficult to follow the class; however, Wharton's students seemed to have nothing troublesome, which shows the potential of them. After Allen's class, I visited one more class about international financial markets, which dealt with how international asset movements affects each of the financial markets. Although I guess this class was very insightful, I could not understand the basic thought because of lack of knowledge.

I'm content with this visit because there no trouble and accomplish all the plans. I will contain these episodes in my essay.

Secondly, I want to report that I got highest score in the September's TOEFL test. Previous highest score was 96 and now my highest score was updated to 98! I had not been able to surpass 96 for almost half a year so even only 2 points, this step allow me to feel that I'm approaching to 100. Although the 2 points to 100 will be very very difficult to obtain, I will never give up. To get over 100, I decided to participate in the class of speaking which is held by individual teacher. I heard the rumor that this class enables students to get over 23, 4 in the speaking section even if they can get only under 20 at first. Because I can get only 18 in the speaking section, if I can get 24, my score surpass 104, which equals to requisite ofChicago booth.

Anyway, although the process of application will continue for a long time, I will progress it step by step. It is said that the MBA application process requires continuous efforts and to never give up.

ゆーた

テキストという意味では、Official Guideを終えてしまって
いる場合には、Deltaあたりでしょうか。Barron'sもありですが、
Readingだけ分冊で買える分、DeltaのほうがCPはいいかもです。
まぁ自分もそのあたりで行ったり来たりなので、実証済みの
オススメというわけではないのですが…。

10

12

23:41

ひーらぎ

リーディングを26、27→29、30にしたいのですが
、最適なテキストはなんだと思いますか??

10

10

19:32

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/255-6b717f09







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。