--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆーた

悟空タイプの人は違う人種だと思って無視しましょう。
精神衛生的に無視しないとやってられなくなります。
二年かかろうが一月で達しようが100点は100点で
審査上は同じですしね!
今84点で一年半くらいを見越していれば十分です!
自分は去年の9月に89点をとってからまだ100点に
達していないので泣きそうですが、通常であれば
それほど時間かからないと思うので…。
受験費用は泣く泣く払ってます。ETSにいつか復習
したいです。

06

17

22:34

acom

体験談とか読んでると、本当にいますよね、悟空タイプ。うらやましいなぁ。

ちなみに僕は現在84点です~。
僕も同様に1年半くらいを見越してTOEFL始めたところなので、まぁちょうどいいところなのかもと言い聞かせることにします。

でも、受験費とかのお金の問題もきついですよね。

06

16

23:10

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/225-1ac168fe

2010
06/16

コメント(2)

TOEFLを頑張っている人へ(自分含む)

【今日の一言】

最近TwitterをやっているおかげでTOEFLに
取り組んでいる人たちの頑張りが見えて
モチベーションが高まります。
大学生でもTOEFL頑張るといっていたり、
30代後半から留学に挑戦といっていたりして
負けられない!と思ったりします。

Recently, I have been motivated to study English by seeing tweets of those who tackle to the TOEFL. Even university students and those who are around 30 years old are studying to TOEFL and aiming at foreign universities, which make me think I should make efforts more than them.

多くの人がTOEFL100点を目指していますが
見た感じ75点~95点くらいの人が多いですね。
普通の人が努力して、努力が続く期間(1年
くらい?)到達する点数がこのあたりなんだと
思います。まさに自分がそうです。

According to my observation, most of them aims at 100; however, in almost all cases, they achieve only 75~95, which shows that 75~95 is the score which ordinary people can reach in one year, the term we can maintain our effort. This notion is just true for me.

100点を超えてくる人はおそらく2タイプいて、
一つは帰国子女、又はそれに類するくらいの
英語経験があって数回で100点を超える悟空
タイプ。もう一つは、1年以上の努力に耐えて
気合いでクリアしたベジータタイプです。
これは重要なことで、普通の人であれば100点
まで1年以上かかるもんだということです。
しかし、実際に1年以上頑張れる人は少ない。
だから海外のトップスクールに帰国子女でない
日本人が余りいないと言うことに繋がって
いるような気がします。

There are 2 types of people who can reach over 100, one of which is those who have once lived in English speaking country and get over 100 easily, analog as Goku , and the other is those who make effort more than 1 year and get over 100, analog as Bejita. This implies that ordinary people tend to take more than 1 year to get over 100 although most of people cannot remain their effort more than I year, which leads the result that there are very few people who reaches 100. 100 is the score required by the top US business schools to be accepted. This is why there are few Japanese in the top US business schools, I suspect.

ということで、留学する年の1年半くらい前
にはTOEFLの準備を始めるべきと言うことです。
そして、(自分への慰めですが)1年で100点に
達していなくても諦めずに粘って100点以上を
達成することが大事だということです。
少し、前回のTOEFL以来萎えているので再度
気合いを入れ直して頑張りたいと思います。

I truly think that if you want to go study abroad, when you start to study English is a great important factor. In other word, you should start to study English more than 1 year before you will apply the admission process. Although this is also to ease my stress, even if you don’t reach 100 now even though you study English for more than 1 year, you should not give up. You should continue to exert to get 100. Although my motivation have decreased since the last TOEFL, I regain the energy from tweet and study hard.

ゆーた

悟空タイプの人は違う人種だと思って無視しましょう。
精神衛生的に無視しないとやってられなくなります。
二年かかろうが一月で達しようが100点は100点で
審査上は同じですしね!
今84点で一年半くらいを見越していれば十分です!
自分は去年の9月に89点をとってからまだ100点に
達していないので泣きそうですが、通常であれば
それほど時間かからないと思うので…。
受験費用は泣く泣く払ってます。ETSにいつか復習
したいです。

06

17

22:34

acom

体験談とか読んでると、本当にいますよね、悟空タイプ。うらやましいなぁ。

ちなみに僕は現在84点です~。
僕も同様に1年半くらいを見越してTOEFL始めたところなので、まぁちょうどいいところなのかもと言い聞かせることにします。

でも、受験費とかのお金の問題もきついですよね。

06

16

23:10

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/225-1ac168fe







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。