--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆーた

確かに、家でやると眠くなりますよね…。自分も悩まされています。
というか、しょっちゅう寝ています。。。
ただ、シャドーイングは音になれるのと口を慣らすと割りきって
意味の方はある程度犠牲にしていいと思います。
自分は最近になってやっと自分で音読しながら意味が取れるように
なってきましたが、そうなるとやっとシャドーイングでも意味を
取れるようになるという感じだと思うので、始めから二兎を追うのは
諦めた方がいいと思います。
スクリプトははじめは見てもいいと思いますよ。数回やると頭に
文章がある程度残るのでできるようになると思います。

自分もちょうど一年で今96点なので、やっぱり一年以上かかって
しまう感じです。まぁネイティブでもなければ仕方ないと思って
頑張るしか無いですね。

06

17

22:31

なす

ゆーたさん

早速、ありがとうございます!

いつもはカフェとかファミレスで勉強する派なのですが今日は家でシャドーウィングを繰り返しています(家ではすぐに眠くなるのでファミレスではいつも小声で音読を繰り返しています)。
全然出来なくて既に泣きそうです(笑)。聞こえてくる単語に反応して発音しているのですが、スピードはなかなか早いですし、何よりも意味が捉えられていないので大丈夫かなーって思ってしまいますが、挫けずに頑張ります。スクリプトを見ないほうがいいと思うのですがちょいちょい見ながら確認していますが、それでは耳の練習にならないし、、むーともがいています(笑)。

最近発見したのでまだ全ては見きれていませんが、色々と参考になる過去投稿がありますね。
少しずつ読ませて頂きたいと思います。

シャドー&多聴ですね。

今まで気がつかなかったのですがYouTubeなんかにもシャドーウィングの方法が落ちていますね。
参考にしながら頑張りますー。

私も1年くらいTOEFLの試験勉強を続けています。
初回は50点くらい。今はやっと90点くらい(前が80点強に落ちてへこみましたが)ですが、なんとかあと半年くらいには100点にもっていきたいです。合格体験記などを読むと半年でクリアしていく人がおおいなかでこんなに時間をかけている自分にへこむ&なえて放りだしたくなりますが、1年超の人は意外と多いという現実を、みんな頑張っているんだという現実を支えにして頑張りたいと思います。
頑張りましょうね!

06

16

22:29

ゆーた

お役に立てたのであれば良かったです!

口の体操は「英語耳(アスキー)」で口の形を
勉強した上でその動きを再現できるように舌と
口を動かす感じ?でやっています。
特に風呂でやるとやりやすいのでお勧めです。
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-13.html
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-51.html
あたりに英語筋トレの内容を書いています。
筋肉痛になっても少し頑張るというのを続けると
意外に早く筋肉痛にならなくなります。

Lに関しては一朝一夕には上がらない部分だと
思うので、ある程度は耐えて聞き続けるしか
ないと思います。
会社の先輩で非帰国子女ながら105点を超えて
いる人は皆Lはとにかく量を聞けといっている
ので、シャドーイング+多聴がなんだかんだいって
最短ルートなんだと思います。

ちなみに、Lの本番の音質が悪くない?って話題も
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-47.html
に書いていたりします(笑
これについては、後に解決していて、Official Guide
で本番と同じ人の声に慣れることで多少の音質
悪貨に動じなくなりました(ただ、妙に聴き取り
難い発音の人がいるのは間違いないと思います。)

速聴の方法は、自分はMACなので、Quick timeで
早く流しているものを録音できるソフトで録音して
いますが、Windowsの場合はWin media playerで
再生速度を変えられると思います。
早くすると音質が悪くなるので上記の本番の音質
劣化にも慣れる気がします。
Windows上でもPCで鳴っている音をそのまま
録音できるソフトがあると思うのでそれで録音
すれば保存、電車で聞くというのも可能だと思い
ます。

06

16

21:10

なす

お忙しい中、ご回答頂きまして、ありがとうございます。
非常に細かく、また具体的なアドバイスで大変参考になりました。

シャドーウィングに関してはその可能性を認識しつつも、まさしくご指摘の通り、「口が動かなくてイライラする」ことを理由に音読を採用していました。今回アドバイスして頂きました「口の体操」→「200-300回繰り返す」を取り入れたいと思います。これまでは10回ほど繰り返して全然うまくいかなかったのでそこでやめていましたが、今回はひつこく繰り返してみようかと思います。

また、音読をWやSと兼ねている勉強法、質の後に量を意識した勉強法なども大変参考になります。本当に凶悪なテストなのでがんがんと量もこなしていかなければならないなと実感していました。現在は2時間/日ほどLに時間を割いているのですが、スクリプト確認などを除くと直接的に音と触れ合っている時間は半分くらいだと思いますのでもっともっと量を増やさないと。。。Rにも共通しますが。。

24点以上を獲得するブレイクスルーがいつくるのか分かりませんが我慢してやっていくしかないですね。本番は家と違ってなぜか聞き取りが悪くなってしまうので環境に左右されないようにしないと。Lを上げて、W-Integratedもしっかりと3つの反論を捕らえずには100点はありませんね。

GMATの勉強も気になり、大変な時期に突入していきますがお互いがんばりましょうね。

最後に追加の質問で大変恐縮ですが、
「口の体操」でためになった参考書などがあれば教えていただけないでしょうか?
「早聴き」をするために使用した倍速ソフトを教えていただけないでしょか?いくつかのソフトを試してみたのですが、品質が劣化したりいまいち良いソフトと出会えないためもしよろしければ教えてください。

06

16

18:02

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/224-0168c958

2010
06/15

コメント(4)

TOEICのListening勉強方法

【今日の一言】

コメント欄にListeningの勉強方法についてご相談を
いただきました。
自分もListeningには非常に苦労した(ている)ので参考に
なるか分かりませんが、簡単にやったことを羅列で書いて
みたいと思います。

やったこと1「死ぬほどシャドーイング」

やはり、入り口はシャドーイングだと思います。初め、口が
動かなくて投げ出したくなるのは普通だと思います。
もし、イライラする場合には、VOAのSpecial Englishがスピード
抑えめで単語も簡単なのでやりやすいと思います。
(TOEFL80点後半の人には物足りなく感じるとは思いますが、
口を鍛えると思って・・・。)
VOAを卒業した後は、TOEFLの問題を解いた後にそのスクリプト
を精読し、シャドーイングを各200回~300回くらい繰り返し、
次の問題へというのを半年くらいやったところ、相当聞こえ方が
変わりました。

やったこと2「口の体操と洋楽」

シャドーイングではどうしても対応できない音はずっと対応できない
ままになりがちなので、英語耳とか英語舌の本を使って苦手な音や
舌の動きは風呂の中で繰り返し体操しました。舌の筋肉は意外に
すぐに鍛えられて、2週間位で思ったよりも器用に動くようになると
思います。
fとかvの口の動きは洋楽を使って気分良く何度も動かしていると
いつの間にか当たり前のように動くようになります。
そうすると、シャドーイングでも目に見えて動きが良くなります。
シャドーイングでは練習した音だけはきちんと発音する!と気合いを
入れて何度もやると定着すると思います。

やったこと3「音読」

音読はまず、Barron’sのライティング別冊のモデルエッセーの
180くらいあるものを全て音読しました。
一日4~5問分読んでいました。面白い表現や役に立ちそうな
言い回しに線を引きながら読んだのでライティングの向上にも
役に立ったと思います。
その後、暫く音読はしていませんでしたが、最近は洋書を2冊
音読で読破した後、今もThe goalを音読しています。
また、スピーキングの会話パートのスクリプトをCDの通り
再現する練習もしています。抑揚や発音を完全にコピーして
録音するという感じです。まぁ、もちろん完全コピーどころか
死ぬほど恥ずかしい音声ファイルが量産されるだけですが・・・。

やったこと4「早聴き」

効果があったか分かりませんが、取り合えず電車で聞くTOEFLの
リスニング問題は1.4倍でいつも聞いていました。
本番の直前に聞いておくと本番がゆっくりに聞こえるようになる
ので一定の効果はあると思います。
おそらく、電車でいつもこのスピードで聞いていたことでCNNも
聞き取れるようになった気がします(CNNも聞き取れないときも多い
ですが、集中すればそこそこ聞き取れます。)

やったこと5「耳読書」

1~4はある意味、質の勉強ですが、耳読書は量の勉強です。
オーディオブックをiTunesなどで買ってそれぞれ2~3回
聞きました。
個人的に聞きやすくて良かったのはThe world is flat 3.0や
Blue ocean Strategyあたりでした。時間的にもそこそこ長いので
布団や電車で聞くのにもお勧めです。
また、自分は通勤が30分なので、ちょうど片道で聞けるHBR
(Harvard business review)のMust hear articleシリーズを
結構聞いています。30分300円と時間単価は安くはないですが
手軽なのでお勧めです。
耳読書はまさに多聴なので自分のスキーマや興味分野などを
考慮して楽しんで聞けるものを選ぶのが大事です。
iTunesと違って会費取られますが、Audibleとかもストアとして
使っている人は多いようです。

やったこと6「iTunes U、Knowledge@wharton等」

目指すは留学なので、向こうの大学の授業を覗くのはモチベーション
維持の上でも有効です。
iTunes Uでは色々な大学の授業が公開されているのでこれを聞いて
いました。
正直言って、映像があれば理解度そこそこ高く行けます。音声だけ
では全然ダメでも映像がかなり助けてくれるので何とかなるという
感じだと思います。
音声だけのものはTOEFLのレベルを凌駕していますが、自分は
ここでかなりたくさんの授業を聞いてきました。
これはモチベーション維持と同時にリスニング力を高めるのに大いに
役に立ってくれたと思います。
20点を超えてからは質の勉強(シャドーイング)と多聴、iTunes Uが
1:2くらいの感じで進めていました。
また、MBA狙いならKnowledge@Whartonなども面白いと思います。
それ以外ではHarvardのJusticeという授業が公開されているので
ネットで調べると映像が見られます(日本語に訳されたものがNHKで
放送されています)。

ちなみに、時期的には、
1と2は常にやり、3,4→5,6という感じで進みつつ、たまに戻ったり
してやっているので、どれから始めるのがベストというのは分かりませんが
今一番やりたいと思うものをやるのが良いと思います。
残念ながらTOEICと違って、TOEFLのリスニングは凶悪なので、質の学習
だけでは対応しきれないと思います。
どうしても量を聞くことが重要になってきてしまうので時間はかかりますが、
諦めずにやり続けるのが必要になると思います。
ちなみに、自分はリスニングで死ぬほど苦労しました。
15→13→23→19→20→22→19→24→25→27と時間が非常にかかったので
もっと効率の良い勉強方法があるかも知れません。

その他

リスニングにはもちろん、耳も重要ですが、音はキャッチできていても
内容を理解できないことは良くあることです。
聞いているものが単語レベルで聞き取れているのに内容が全く頭に入って
来ないことがあるのは今でも自分の課題です。
これはおそらく、スクリプトを読んでもすぐに理解できないときだと
思います。そういう意味ではリーディング力や単語力など、基本の部分が
上がっていくのも重要だと言えます。
英語力はリスニング力だけ上げるというのは難しいということだと思います。
80点後半のレベルであれば、リスニングでブレークすれば一気に100点に
近づけますし、お互い頑張りましょう!

ゆーた

確かに、家でやると眠くなりますよね…。自分も悩まされています。
というか、しょっちゅう寝ています。。。
ただ、シャドーイングは音になれるのと口を慣らすと割りきって
意味の方はある程度犠牲にしていいと思います。
自分は最近になってやっと自分で音読しながら意味が取れるように
なってきましたが、そうなるとやっとシャドーイングでも意味を
取れるようになるという感じだと思うので、始めから二兎を追うのは
諦めた方がいいと思います。
スクリプトははじめは見てもいいと思いますよ。数回やると頭に
文章がある程度残るのでできるようになると思います。

自分もちょうど一年で今96点なので、やっぱり一年以上かかって
しまう感じです。まぁネイティブでもなければ仕方ないと思って
頑張るしか無いですね。

06

17

22:31

なす

ゆーたさん

早速、ありがとうございます!

いつもはカフェとかファミレスで勉強する派なのですが今日は家でシャドーウィングを繰り返しています(家ではすぐに眠くなるのでファミレスではいつも小声で音読を繰り返しています)。
全然出来なくて既に泣きそうです(笑)。聞こえてくる単語に反応して発音しているのですが、スピードはなかなか早いですし、何よりも意味が捉えられていないので大丈夫かなーって思ってしまいますが、挫けずに頑張ります。スクリプトを見ないほうがいいと思うのですがちょいちょい見ながら確認していますが、それでは耳の練習にならないし、、むーともがいています(笑)。

最近発見したのでまだ全ては見きれていませんが、色々と参考になる過去投稿がありますね。
少しずつ読ませて頂きたいと思います。

シャドー&多聴ですね。

今まで気がつかなかったのですがYouTubeなんかにもシャドーウィングの方法が落ちていますね。
参考にしながら頑張りますー。

私も1年くらいTOEFLの試験勉強を続けています。
初回は50点くらい。今はやっと90点くらい(前が80点強に落ちてへこみましたが)ですが、なんとかあと半年くらいには100点にもっていきたいです。合格体験記などを読むと半年でクリアしていく人がおおいなかでこんなに時間をかけている自分にへこむ&なえて放りだしたくなりますが、1年超の人は意外と多いという現実を、みんな頑張っているんだという現実を支えにして頑張りたいと思います。
頑張りましょうね!

06

16

22:29

ゆーた

お役に立てたのであれば良かったです!

口の体操は「英語耳(アスキー)」で口の形を
勉強した上でその動きを再現できるように舌と
口を動かす感じ?でやっています。
特に風呂でやるとやりやすいのでお勧めです。
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-13.html
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-51.html
あたりに英語筋トレの内容を書いています。
筋肉痛になっても少し頑張るというのを続けると
意外に早く筋肉痛にならなくなります。

Lに関しては一朝一夕には上がらない部分だと
思うので、ある程度は耐えて聞き続けるしか
ないと思います。
会社の先輩で非帰国子女ながら105点を超えて
いる人は皆Lはとにかく量を聞けといっている
ので、シャドーイング+多聴がなんだかんだいって
最短ルートなんだと思います。

ちなみに、Lの本番の音質が悪くない?って話題も
http://tkns1192.blog99.fc2.com/blog-entry-47.html
に書いていたりします(笑
これについては、後に解決していて、Official Guide
で本番と同じ人の声に慣れることで多少の音質
悪貨に動じなくなりました(ただ、妙に聴き取り
難い発音の人がいるのは間違いないと思います。)

速聴の方法は、自分はMACなので、Quick timeで
早く流しているものを録音できるソフトで録音して
いますが、Windowsの場合はWin media playerで
再生速度を変えられると思います。
早くすると音質が悪くなるので上記の本番の音質
劣化にも慣れる気がします。
Windows上でもPCで鳴っている音をそのまま
録音できるソフトがあると思うのでそれで録音
すれば保存、電車で聞くというのも可能だと思い
ます。

06

16

21:10

なす

お忙しい中、ご回答頂きまして、ありがとうございます。
非常に細かく、また具体的なアドバイスで大変参考になりました。

シャドーウィングに関してはその可能性を認識しつつも、まさしくご指摘の通り、「口が動かなくてイライラする」ことを理由に音読を採用していました。今回アドバイスして頂きました「口の体操」→「200-300回繰り返す」を取り入れたいと思います。これまでは10回ほど繰り返して全然うまくいかなかったのでそこでやめていましたが、今回はひつこく繰り返してみようかと思います。

また、音読をWやSと兼ねている勉強法、質の後に量を意識した勉強法なども大変参考になります。本当に凶悪なテストなのでがんがんと量もこなしていかなければならないなと実感していました。現在は2時間/日ほどLに時間を割いているのですが、スクリプト確認などを除くと直接的に音と触れ合っている時間は半分くらいだと思いますのでもっともっと量を増やさないと。。。Rにも共通しますが。。

24点以上を獲得するブレイクスルーがいつくるのか分かりませんが我慢してやっていくしかないですね。本番は家と違ってなぜか聞き取りが悪くなってしまうので環境に左右されないようにしないと。Lを上げて、W-Integratedもしっかりと3つの反論を捕らえずには100点はありませんね。

GMATの勉強も気になり、大変な時期に突入していきますがお互いがんばりましょうね。

最後に追加の質問で大変恐縮ですが、
「口の体操」でためになった参考書などがあれば教えていただけないでしょうか?
「早聴き」をするために使用した倍速ソフトを教えていただけないでしょか?いくつかのソフトを試してみたのですが、品質が劣化したりいまいち良いソフトと出会えないためもしよろしければ教えてください。

06

16

18:02

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/224-0168c958







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。