--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/216-a0d98525

2010
06/04

コメント(0)

TOEFL得点戦略

【今日の一言】

そろそろ二月ぶりのTOEFLがやってきます。
ここで100点を超えてGMATに移れればいいの
ですが・・・。
うちの会社からも毎年MBA留学が数人いて
今年も後輩がロチェスター、先輩がオースティン
に留学します。
彼らの話を総合すると、
・海外経験ない人間はスコアメイクに相当時間がかかる。
・スコアが悪いとトップ校は殆ど無理。
・ただし時間をかければスコアは出る。
という点が、当たり前ですが重要なようです。

要するに出来が悪いやつは時間をかけなさいと言う
ことですね。
社会人の場合は留学準備に時間をかけても職を失う
こともないですし、ノーリスクだと言えます。
(厳密には年は取るのでそのリスクはありますが・・・。)
だからこそ、納得のいくスコアを出し切れずに志望校に
受からないというのは避けたいところです。

自分の場合は
12月94点、1月96点、2月94点、4月92点と成長が
見られないところです。。。
100点付近になるとRとLで満点近く取らないとならない
ため、そこでしくじると点が落ちるという感じです。
Total点のボラティリティーを減らすためにSとWで
あと2~3点ずつ上げないとという感じです。
S20点、W27点が取れればRとLで53点でいいので
相当楽になります。SとW合計で45だとRとLで55
なのでおそらく28,27を取る必要があって毎回達成
するのは簡単ではないです。

瞬間風速的にでも
S:22、W:27、R:28、L:28
が達成できれば105点(=HBS以外はRequisiteをクリア)
なんですが、Sが厳しそうです。

大学受験の時もそうですが、スコアメイクの戦略ばかり
妄想していて実際にはショボイ点数ばかり取るという
受験病にかかっている気がするので、そろそろTOEFLを
抜けたいところです。。。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/216-a0d98525







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。