--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆーた

コメントありがとうございます!
こういういい番組をやるからNHKも侮れませんね。
自分はまだ2回目までしか見れていませんが頭を
使いたいときに見ると良さそうです。
ディスプレイの前で一緒に考え込んでしまいました。

05

08

18:28

msr307

1度偶々NHKで見て、凄く勉強になりました。ここで詳しく番組情報を知ることができたので、助かりました(>_<)

05

08

15:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/190-f346a181

2010
05/06

コメント(2)

ハーバードの授業

【今日の一言】

ずいぶんご無沙汰になってしまいました。
休み中におもしろいものを見つけました。
それは、初めて公開されたHarvardの授業です。
内容としては、政治哲学を扱った授業で毎回1000人
もの学生が出席しているようです。

そして、この授業を特集した番組がNHKから放送
されています。
http://www.nhk.or.jp/harvard/about.html
自分は、直接Harvardのオフィシャルサイトから英語で
見ているのですが、NHKの番組ではおそらく字幕か
吹き替えが入るんだと思います。

第一回の授業を見たのですが、誰にでも状況が想像できる
ケースを使って、あなたの正義に照らしてどう判断されるか
生徒に手を挙げさせその判断基準を聞いていきます。
そして、議論が白熱してきたところで歴史上の思想家の
考えを紹介し、それをどう考えるかを議論します。

授業の進め方が非常にうまく、誰でものめり込むこと間違い
ないと思います。
正直言って、今まで倫理や哲学の講義をiTunes Uで聞いても
すぐに眠くなってしまっていたのですが、この授業は聞き
入ってしまいました。
既に12回分公開されているので追い付くのが大変そうですが、
一回1時間とそれ程長くはないのでどんどん見ていきたいと
思います。

ちなみに、第一回で扱ったケースは、
暴走し、ブレーキの止まらなくなってしまった
トラックに乗っているとして、今ハンドルを
切らなければ5人をひき殺してしまうがハンドルを
切れば別の1人をひき殺してしまうものの5人は
助かる状況でハンドルを切ることは正義か。
今上記トラックが自分がいる橋の下を走っていくのを
見ているあなたの前に非常に太った人がいて、その人を
橋から落とせばその太った人は死ぬがトラックの軌道が
逸れて5人は助かるとしたらあなたは橋から太った人を
落とすか。
あなたが医者だとして、目の前に臓器移植を待つ5人の
患者がいる状況で、1人の健康な人を殺して臓器を移植
すれば5人全員助けられるとしたらその1人を殺して
臓器移植することは正義か。
イギリスの有名な事件「ミニョネット号訴訟」、遭難した
ヨットの上の3人が残りの1人を殺して人肉を食べて生存
したという実在の事件について、あなたが陪審員だったら
道徳的に許されるとするか。
というものです。どれも直感的には答えがすぐに出そうですが、
その判断基準を突き詰めていくと矛盾が生じてきます。
それぞれの違いはどこにあるのか、何が良くて何がダメなのか
どう判断しているのかを自分も一緒に考えながら見て見ると
非常に考えさせられてしまいますね。

そして、上記のケースで参考とされていると思われる問題で自分が
学生の頃に悩んだ議論があるので参考までにご紹介します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%93%E5%99%A8%E3%81%8F%E3%81%98
臓器くじという問題で、国が「くじでランダムに選ばれた健康な
人の臓器を使って複数人の臓器移植を待つ人を助ける」という
政策を導入することは許されるかということです。
上のステートメントだけではダメに決まっておろうとなりそう
ですが、Wikiの議論のところを見ていただければわかるとおり、
なかなかダメと結論づけにくい問題です。上のHarvardの授業では
Yesと言い易いケースから入ってこの問題にたどり着いているため
より議論に深みが加えられているように思います。

ゆーた

コメントありがとうございます!
こういういい番組をやるからNHKも侮れませんね。
自分はまだ2回目までしか見れていませんが頭を
使いたいときに見ると良さそうです。
ディスプレイの前で一緒に考え込んでしまいました。

05

08

18:28

msr307

1度偶々NHKで見て、凄く勉強になりました。ここで詳しく番組情報を知ることができたので、助かりました(>_<)

05

08

15:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/190-f346a181







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。