--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/186-68468cda

2010
04/26

コメント(0)

大量消費されインフレを起こす「いい話」

【今日の一言】

毎日、TwitterのTime Lineに流れてくるつぶやき
の殆どは、政治経済又は自己啓発ネタなんですが
世の中には色々意識高く頑張っている人がたくさん
いるもんだなぁと改めて驚きます。

My time line of Twitter is filled with tweets about politics, economics, and self-management, which impresses me. I’m surprised at the fact that a lot of people make effort to improve society and themselves with high motivation.

しかし、最近、いわゆる「いい話」や「為になる話」
というものがネットの登場で非常に簡単に手に入る
ようになり、ある種のいい話インフレが起きていて、
一つ一つの価値がものすごく小さくなってしまって
いるのではないかと思います。
Twitterのつぶやきはその最たる例で、140字で収まる
いい話を大量消費している現場だと思います。

However, recently, we come to be able to get a lot of exemplum quite easily because of advent of the internet, which leads each of those tales’ value to decrease. Twitter is the clearest example of this phenomenon, where we consume great amount of valuable exemplum with no impression.

そして、その価値の低くなったいい話の読み手は
へぇ~。なるほど~。確かに。と思った瞬間から
次のいい話に興味が移っていて、実は感動が長続き
せず、故に実際に行動を変えたり、それを生かして
何かを生みだすことに繋がっていないのではないかと
思います。良くてTwitterでリツイートしたり、ブログで
引用したりして人に教えるくらいでしょう。

And then, those who read these exempla which lose their value start to search next exemplum as soon as they finish reading them. This means that the impression of these exempla tend not to last long. Thus, we don’t change our daily life or work actually along with these exempla. At best, we retweet or post blog about them.

本であれば、少なくとも100ページ以上が費やされ
コンセプトを様々な角度から分析しているため、
そのコンセプトに対して理解が深まり、インスタント
いい話にならずに済みますが、ブログの場合多くても
数千字で、Twitterではたった140字なので、そういう
効果も期待できません。

On the other hand, in the case of book, the concept of exempla are introduced and analyzed by using 100 or more pages, which helps us to understand them deeply. In contrast, at the longest case, we write blogs for less than 1000 words and tweet for less than 140 characters, so we can’t expect make the concept understood deeply.

つまり、様々なコンセプトがむき出しで数千字や140字
で世の中に大量に転がっているせいで、逆にそれらが
その価値を発揮できていないのではないかと思います。
そういういい話の大量消費時代にあって、自分がどの話を
大事に残し、どの話を知っているだけにとどめるのかを
よく考えていかないと、「聞いたことある」だけのいい話
ばかりがストックされていき、結局自分の人生に生かす
事ができないという危機感があります。

In short, there are too many concepts described by using only some thousands or 140 characters to remember it and deploy them in our actual life. Because we are in the age of consumption of exempla and concept, we should choose which one is worth enough to keep in mind, or we have too many stock of concept to use actually.

そういう危機感から、最近、できるだけ本で読むように
しています。もちろん、ブログやTwitterでネタを仕入れる
のは続けていますが、旬を過ぎても生き続けるような
大切なネタはやはり本で読むようにするのが最適だと今更
ながら、気づきました。
実は、自分は本を読まず旬なネタばかりを仕入れて話題に
事欠かないようにする傾向がありましたが、残るものが
少ないという弊害に悩まされてきました。
そういう部分が少しでも改善されると良いなぁと思っています。

From this point of view, I try to read books to catch valuable concept and keep in mind as often as possible. Of course, this doesn’t means that I stop searching theme from blogs and twitter. Although it is tardy, I noticed that reading books is the best way to change my life by catching valuable concept. In fact, I’ve read a few books because I‘ve thought finding trendy theme from web and use them in conversation is the most important matter. However, I noticed that I don’t remember what is important concept I got from web. I expect reading books prevent me from forgetting valuable concept.
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/186-68468cda







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。