--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/185-80223f3e

2010
04/24

コメント(0)

Value of Communication

【今日の一言】

最近、仕事上でわからないことが結構あって
勉強しながら進めているんですが、なかなか
急ぎで対応が必要な場合などは一人で勉強する
のでは追いつかないときがあります。

Recently, Because I have some difficulties in my work, I try to study them to progress the work. However, in case I’m in a hurry, I can’t have enough time to study them.

そういうときには、職場内外の知り合いに電話を
して色々お知恵を借りることが結構あります。
しかし、例えば、そういう知り合いがいないとき
には仕事が進まないか、自分で何とか勉強するしか
ありません。
そう考えると、仕事が効率よく進むか進まないかと
いうのは、如何にレバレッジを効かせて人の知識や
専門性を自分の仕事の助けにできるかという部分も
非常に大きい気がします。

In these cases, I often manage the situation by calling and asking questions for my friends in and out of my office to get knowledge. However, if I have no friends to call for, only I can do is studying by myself, which will leads me to fail. From this point of view, whether I can work efficiently or not heavily depends on how I deploy my friends’ knowledge and experiences to progress my work.

仕事の内容によっては、自分が一番詳しくて何も
困ることもないという人もいるかも知れませんが、
マネジメント層になってくると、知らないことに
対処し、説明するシーンは多くなると思います。
やはり、普段から色々なところに顔を出して頼れる
友人をたくさん作っておくことは大事だと思います。
もちろん、自分が必要とされたときには協力を
惜しまないというのも大事です。
助け合える仲間が幅広くいるというのは財産です。

Of course, there are people who knows the most in his area of work, but if they aim to become manager, they are required to get ability to deal with and explain what they don’t know well. This is why I think I should make friends with on whom I can depend by going a lot of places. Needless to say, it is important for me to cooperate with them when I am asked to help them.

そして、MBA取得の価値も実はここにあるのかなぁと
思います。つまり、専門性の異なる人が集まり、
同じ2年を過ごすことで価値観を共有し、また様々な
専門分野に散っていくというのは、幅広く仲間を
作るという上で最高の機会になるということです。
しかも世界中にいて、皆すごいハイレベルな人たちです。
それを考えると、ものすごい価値のある財産なんだろう
なぁと想像しただけでもわくわくしますね。

I think that the value of MBA is the fact that there are a lot of people who have distinctive specialties and opportunities like understanding each other, that allows me to get great friends. After graduation, these friend will spread to all over the world and field. This will be one of the most valuable properties for me.

まぁ、この前Whartonの方と話したときには最近は
Alumniの交流が減ってきているということをおっしゃって
いたので、せっかくの価値を失わないようにmaintainして
いくことも重要でしょう。
自分もそういうところに役に立てたらいいなぁと思います。

On the other hand, when I talked with some students of Wharton, they said that the opportunities to communicate with Wharton alumni is reducing and they want to reinforce its community. I also think I want to get involved in these kind of activities to maintain the value of the network.
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/185-80223f3e







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。