--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/173-7ebcc504

2010
04/07

コメント(0)

情報を生かす

【今日の一言】

ここ数年でiTunes UやYouTube、WEBページなど
様々な媒体を通じて世界中のオピニオンリーダーや
教授達の大変示唆に富んだ意見に非常に簡単にアクセス
できるインフラが急速に整いつつあります。
そして、自分自身、こうした媒体に積極的にアクセス
することによって色々刺激を受けてきました。

In these years, they rapidly improve infrastructure like iTunes U, You Tube, and WEB pages to access easily to the opinions of a lot of opinion leaders and great professors which give implications. I also access positively to and be impressed a lot by these contents.

しかし、ふと立ち止まって今まで見たり聞いたりした
内容を思い返しつつ、それらをどのように生かしてきた
のだろうかと反省すると、驚くほどに情報を無駄に消費
してきたことに気づきます。
つまり、なるほど~、おもしろい!為になった!と思った
次の日にはそれは単なる一知識に成り下がり、暫くすると
記憶の彼方に沈んでいくのです。

However, when I remind the opinions I heard or read, I can’t tell how I apply them to my life because I noticed that I amazingly wasted them. In other words, they turned into just a piece of information in the next day, and I tend not to remind once more after several days.

もしかすると、昔はこうした為になる情報に触れる機会が
少なかった分、一つ一つのインパクトが大きく、ある一言
に出会ったが故に人生が変わったと言うことが起きたたのかも
しれません。
最近は、為になる情報がインフレを起こしていて一つ一つの
価値がどんどん小さくなり、それこそ、一つ一つは右から
左へ受け流れているだけになっているのではないか・・・と
いう感じがします。

In the past era, they may have so great impact that changing a person’s life because there are few chances to get these influential opinions. On the other hand, in these days, there are too many opportunities to get these kinds of opinions, which reduces their value. Then, we come to overlook their value.

そして、探せばいくらでも次のためになる情報が見つかる
ので一つ一つに対する咀嚼度合いが低くなり、結果的に
「自分で考える」ことを阻害しているのではないかと危機感を
覚えます。考えなくても知識は簡単に手に入るのですから。。。
探せば答えが見つかるかも知れなければ考えるよりも楽です。

In other words, because we can find another chance by searching with google, we don’t think of each opinions deeply, which prevents us from thinking deeply by ourselves. It is easier for us to find answers by using google than think by ourselves.

こう言うと、一つ一つの知識のインパクトは小さくてもそれらが
たくさん集まれば一定のインパクトを持ち、結局はそうした
知識を使って物事を判断するからやはり知識の吸収は大事だと
いわれるかも知れません。
自分もそれは正しい見方だと思います。ただし、知識を正しく
使い、実際の行動や判断に繋げていく「考える力」を養う
ことも同時にしなければ知識はトリビアで終わってしまいます。

Someone may points out that even if each opinions are small piece, they have impact to some extent and we use them to verdict in case it is aggregated. Therefore, gathering knowledge is still important. Of course I also think this is true. However, improving the ability to think and verdict is also important. If we ignore it, the useful knowledge will turn into just a piece of information like what we call trivia.

最近方針が変更されましたが、その昔、ゆとり教育という
ものがありました。それは、子供の考える力を養うために知識の
吸収よりも様々な体験をさせようという教育方針だったと思います。
そして、この政策は使うべき知識を持たないが故に考える訓練も
できず学力の低下を招いたと言われています。
これをもって、やはり知識の吸収は大事だと言うことはできますが、
これはあくまで順序の問題で、知識の吸収に最も適した学童期に
大量の知識を無理にでも詰め込んで、判断力や論理力が伸びる
高等教育期に考える力を養うという順序を取れば良かったのでしょう。

Recently, Japanese government change their educational policy. The former educational policy was called “Yutori”, which is meaning that we should improve children’s ability of thinking rather than learning knowledge by let them experience a lot of things. However, Japanese people see this policy as a mistake that lead Japanese children to reduce their ability to learning because of lack of knowledge to use to think and verdict. I have different point of view about this policy. In other words, this is not mistake of concept but mistake of order. Young children have great ability to absorb knowledge and older children have ability to verdict based on logic. Thus, we should educate them along with their state of ability.

そして、大人になったら両方のバランスを自分で見極めながら
学習を続けることが重要になるのだと思います。
しかし、現在は知識の吸収の方が圧倒的に楽なので知ることばかり
が先行してしまい、それをどのように使い、どのように自分の人生に
生かしていくか、知識がどう生活を変えるのかという
How to think of it and how to apply it to your lifeというところに
焦点が当たっていない気がします。

After we become adult, we should continue to learn things with balancing between knowledge and thinking by ourselves. I’m anxious about recent trend that we tend to place importance on gathering knowledge because of its feasibility and ignore the importance of how to think of them and how to apply them to our life.

これは自戒を込めてになりますが、へぇ~ほぉ~なるほど~で
終わらず、それについて自分はこう思う、だからこうすべきだと
いうところまで落とし込み、最終的に、こういう風に役に立った
という状態にまで持って行くよう、意識することが大事だと認識
しなければならないと思います。
特に、Business schoolにおいては、講演などを通じて様々な情報
を得ることになると思いますが、単にAccording to ~で終わらずに
常にHow Iの精神を忘れないようにしたいですね。

Although this is my self-reproach, I think that we should not give up thinking about validity of the opinion but think deeply by ourselves. In addition, if we can, we should think how to apply them to our life and how does it influence. Especially, because in the business school, I will have a lot of opportunities to listen to the opinions of leaders, I should have spirit of pursuing not “according to ~” but “how I ~”.

自分のiTunes Uフォルダに貯まった講義や講演録をみながらそんな
ことを考えてしまいました。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/173-7ebcc504







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。