--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/165-204a52ec

2010
03/29

コメント(0)

久々のカウンセリング

【今日の一言】

昨日は、留学カウンセラーと久々の面談がありました。
先月のCampus Visitの成果報告だったんですが、
色々気づきがあって良かったです。
Campus Visitで感じたことをとりとめもなく大量に
箇条書きにして提出してあったので、どの着眼点が
実際にEssayやInterviewネタにできるかという視点で
絞り込んでいきました。

After a long time, I had a meeting with my counselor of studying abroad yesterday. The contents of the meeting was reporting about campus visit, which I went last month, and I noticed many important notions related to MBA programs. Because I noted a lot of things I felt during the campus visit, he helped me to decide which ones should I use in the essay and interview.

基本的には、EssayやRecommendationで表現した
自分自身とCampus Visitで感じたその大学の魅力が
合致しているというパターンが説明しやすいみたいですね。
確かに、就活中の学生と話していても、自己分析して
見えてきた「自分」がその会社を選ぶ必然性みたいな
ものを採用プロセスの中で納得させれば勝ちみたいな
ことを言っているなぁと思い返しました。

Basically, I should explain that who am I, which I describe in the essay and recommendation, and the reason why I am attracted by the university are consistent. In fact, I remember that I, myself, always advice the students who search for the job to explain to the recruiting director that who he or she is and why he or she want to work for the company are coherent.

あと、MITやColumbia、ChicagoはAnecdoteが
重要になる大学らしく、特にColumbiaは先輩方が
Early decisionでの合格を宣誓に違反して蹴りまくって
いることから、日本人への合格に慎重になっている
ようです。
そういう観点から「こいつ本当にうちに来るんだろうか?」
という疑念への回答としてCampus Visitは一つの有効な
Appeal材料になるんだと思います。

Besides that I heard that the admissions office of MIT, Columbia, and Chicago tend to emphasis on the anecdotes. Especially, Columbia hesitate to accept Japanese applicants because a lot of Japanese applicants decline the acceptance with breaking the contract that they must enter it when they are accepted. In terms of this situation, visiting Columbia become more important to prove that I truly want to enter it.

また、TOEFLがあと少しで100点というところまで来て
少しモチベーションが落ちているような状態ならば、
気晴らしにGMATのMATHに取り組んでも良いかも
しれないというアドバイスもいただきました。
理系出身なので、MATHで50点は必須だと思って
いますが、数学英語をきちんと覚えないと問題の意味を
取り違えることもありそうなので、少しずつ始める
のも有りかなぁと思います。

Furthermore, I was advised that it may be better for me to start studying the Math of GMAT if I lose motivation to pursue 100 points in the TOEFL test because studying Math may ease my stress. Because I was graduated from science major, I must get at least 50 points in the Math section. However, I think it is not the matter of ability of math but the matter of that of English because if I can’t understand the meaning of the problem, I will make mistakes.

ということで、まだまだ先は長いですが、何が大事に
なるかを考えながら戦略的に進めていかないとダメですね。

Therefore, I must proceed my plan based on the strategy that what is the most important for me although it remains a lot of time to reach my goal.
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/165-204a52ec







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。