--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/159-d6c8beea

2010
03/19

コメント(0)

国際標準の獲得

【今日の一言】

この間、就活している学生のESを見てあげたという
話をしましたが、その学生の興味分野がおもしろかった
ので、今更ながら考えてみたいと思います。

学生の興味分野は、「国際標準の獲得」です。日本はこの
国際標準というものに非常に弱いといわれています。
例えば、i-modeをみても、登場当時、世界最先端のプラット
フォームで、モバイル文化を一新するだけのポテンシャルを
持っていたにも関わらず、世界標準とすることができず、
結局Palmそして、iPhoneに事実上の国際標準を取られて
しまいました。

ちなみに、彼女と話していて国際標準というと、2つの
ニュアンスがあるのかなぁと思いました。
つまり、iPhoneの例のように自然発生的に形成されるものと
ISOのようにどこかのオーソリティが認定することを予定して
いるようなものです。
前者は市場シェアに基づくデファクトスタンダード化により
形成されるもので、後者は認定者が何らかの基準を作って
それを世界標準とするものです。

日本はどちらの分野でも世界標準の獲得ができていないと
思います。ただし、それぞれの要因は別々であると思います。
後者は政府間の駆け引きや強力な財団のようなオーソリティが
重要な役割を果たすため、ある意味、世界の中での発言力
のようなものの弱さが如実に出ているということでしょう。

前者については、最近では、産学が連携し、先端分野でデファクト
スタンダードを取りに行くような動きも出てきますが、優れた
技術が生まれても、今度はビジネスに乗せるのがうまくないん
ですよね・・・。
シリコンバレーやボストンなんかには、スタンフォードや
MITで生まれた技術をネタに金儲けしてやろうというアントレ
やPEが虎視眈々と狙っていて、チャンスとあらばすぐに
ビジネスを立ち上げます。

確か、HBSの教授だったと思いますが、アメリカが起こした
イノベーションを使って日本が世界中にディストリビュートする
というようなサイクルがあったが、最近中国やインドが日本の
立場に取って代わりつつあるという分析をしていました。

日本の製造業は今、こうした動きに対してイノベーションを
生み出すアメリカ側に移行することができるのか、それとも
このまま消えていくのかという瀬戸際に立たされています。
ものつくりという意味では、イノベーションを世界標準化し、
それでお金を作るという仕組みでしか稼げない情勢になって
きていることを考えていくと、経済や社会が変わっていかないと
今後生き残る道がどんどん限定されていってしまいます。

個人的には、じゃぁ日本はこういうイノベーションを使って
世界標準を獲得し、お金を儲けていくことができるのでしょうか
という質問に対して、明確にYESという自信はありません。
むしろ、こういうイノベーションに対する投資で生き残るイギリス
型の経済に近づいていくのではないかと睨んでいます。
日本が世界標準の工場となるのか世界標準の裏でお金の出し手に
なるのかということも含めて技術とお金を戦略的に使っていく
事が大事なんでしょうね。

そういう意味では、彼女が世界標準の工場の一翼を担うという
目標を掲げるのであれば、自分は金融に関わる一人として、
お金を戦略的に動かすという部分で車の両輪としていくことが
必要なんだろうなと布団の中で考えてしまいました・・・。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://tkns1192.blog99.fc2.com/tb.php/159-d6c8beea







プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。