--
--/--

コメント(-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11/27

コメント(0)

練習の際の音質

【今日の一言】

今日もOfficial Guideの話題です。
実は、おもしろいことを発見してしまいました。
というのは、音質のことです。
TOEFL本番は音質が悪いと感じることが多いと
思います。くもってる上にちょっと機械的な
ノイズを感じます。
聞き取り能力が高い人なら関係ないと思いますが、
自分のようなショボイ耳の持ち主にはかなり
影響が出ます。

ところが、通常の問題集についているCDの
音質は全く問題がないレベルなので、本番の
音質での勉強ができないと感じていました。
しかし、さすが、Official Guide、見事に本番の
音質の悪さを再現してくれています。
しかも、Official GuideのCD内のデータを
WMPで再生すると結構クリアなのに、付属の
プログラムで再生すると音質が落ちる!
これはETSが意図的に音質を落としている
ということなのかもしれません。
いずれにせよ、本番の音質は自分では変えられ
ないので、それに合わせて練習するしかない
わけで、Official Guideはその練習にもなる
ということですね。

もちろん、音質を自分で落としてクリアなCD
から低音質版を作る人もいるようですが、まず
Official Guideを使うのが賢明でしょうね。
自分の腐った耳を調教するにはなかなかよい
スパーリング相手を見つけた感じです。

Today, I will also talk about TOEFL iBT Official Guide because I found an interesting fact in terms of its quality of voice. You know, the quality of actual TOEFL test’s voice is very low. It is unclear and mechanized a little. So it is difficult for the person who is poor at listening to English like me to understand it. Of course, however, if you are good at it, you can understand though. This fact requires us to elaborate practice to be familiar with this bad condition, however, it is difficult to us to do so because most of attached CDs of commercial text books are very clear and easy to understand. On the contrary, the OG replicate the voice which is unclear as actual TOEFL test precisely. More interestingly, if playing the WMA file contained in the CD, it is not unclear, however, on the other hand, if playing the same track by the official program, it becomes unclear. This fact implies that ETS reduce quality of the voice intentionally. Anyway, because we can’t change this bad condition by ourselves, all we can do is practice to be accustomed to it. With respect to this, OG is useful to practice by myself. Of course, some person will try to create the low-quality CD by themselves by coping the CD over and over. However, I think that we should use OG at first. I think it is good partner to improve my bad ear.






プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
カリフォルニアのパロアルトでMBA生活を送る29歳。

Stanford MBAでの生活も終盤に差し掛かってきました。こちらでの生活を通じて考えたこと、感じたことを徒然と書いていきたいと思います。

受験記録に引き続き、米西海岸よりお便りを届けたいと思います。

Twitterやってます。
http://twitter.com/tkns1192

Twitter

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。